古銭と記念コインの違いについて

古銭の買い取りのお店に行くと大抵、古銭と記念コインどちらも買い取りをしてもらえます。ただ、その違いについてご存知でしょうか。古銭にはそもそも骨董的な価値があり、希少価値もあります。発行されていた年代が古く、発行されていた量が少ないと買取価格が高くなることがよくあります。

また、保存状態がよくきれいな状態であればさらに買取価格が高くなります。中には、保存状態や希少価値よりも量を重視するコレクターもおり、そうしたコレクターへの販売を行っているお店では買取価格が高くなることもあります。

古銭は、こうした骨董的価値、希少価値、保存状態が重要です。それに対して記念コインには骨董的価値はありません。発行されてからまだ日が浅いからです。また、発行数が多いため希少価値もないことがほとんどです。大抵は売られていた当時と同程度か、多少上乗せした程度の金額での買取になります。

優しく丁寧に対応してくれるのでとても助かる

ただ、発行数が少ない記念コインであればプレミアがつき、高価で買い取りされることもあります。どちらも、部屋の整理をしたときに出てくることがあれば、一度買取店に持っていくのもいいです。意外な高値で買い取りしてもらえることもあります。

江戸時代や明治初期の古銭は大変価値があるので古銭を集めている人の中には是非手に入れたいと考える人が増えていることもあり、古銭を買い取ってくれる業者の数は年々増加しています。インターネットで調べればそれは明らかで驚くほど多くの業者が古銭の買い取りを行っているので、希少な古銭を所有している人にとっては有難い限りです。

中には汚れてしまっているので売れないのではないかと考えている人もいますがそのようなことはなく、汚れていても買い取ってくれる業者は沢山あるので何も心配することはないです。

最近では出張買取を行っている業者も多く自宅まで来てくれてプロの査定員がしっかりと査定を行ってくれるので何も心配することはありませんし、優しく丁寧に対応してくれるので安心して任せることができます。

このように今では古銭を買い取ってくれる業者が沢山あるので、所有している古銭を売却することを考えている人はよく調べてから利用する業者を決めるようにした方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です