古銭の中でも特に高額で買い取りされる物とは

古銭にはその年代や流通量などによって、非常に査定額が高額になる物も存在します。現在取り引きされている古銭の中でも、特に高値で買取りが行われる古銭をいくつか例として挙げてみます。

「享保大判金」江戸時代には5種類の大判金が鋳造され、金の純度や大きさなどがそれぞれ異なります。享保大判金はその中の一つで、高品質な物とされて扱われました。表面の墨書きは6種類あって、それぞれで査定価値が異なります。

中でも初期に鋳造された寿乗の墨書きは高値で取り引きされます。「旧20円金貨」明治政府発行の金貨で、新貨条例が明治4年に制定された事を受け製造された初めての近代金貨となります。

高額な古銭買取の中でも比較的新しい部類になり、コレクター人気が高い金貨です。発行年度によって希少な物があり、入手が困難となっています。「饒益神宝」貞観元年(859年)に日本で発行された銭貨で、表面に名前が入っており裏面は無地になっています。

刻印が判別できない物も存在しますが、判別できる物は更に高額で買取されます。これらの高額買取は一例でありますが、状態などによっては数十万円以上の査定例が多くあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です